うつ病は転職に不利とは限らない! 転職活動の進め方と支援制度を解説 | キズキビジネスカレッジ  

うつ病は転職に不利とは限らない! 転職活動の進め方と支援制度を解説

こんにちは。就労移行支援事業所・キズキビジネスカレッジ(KBC)です。

このコラムをお読みのあなたは、うつ病(経験)があり、以下のようなことをお悩みではないでしょうか。

  • うつ病でも転職ができるのだろうか
  • うつ病経験は転職に不利になるのでは…
  • うつ病で休職中に転職活動してもいいのだろうか

うつ病を経験し、休職・退職をされた方で、「次の転職をどうしたらいいのか」「また働くことができるのだろうか」と悩まれる方は決して少なくありません。

うつ病での休職・退職が転職活動において不利にはたらく場合もあります。しかし、「絶対に不利」とは言えません。

現在はうつ病という疾患への認知が以前に比べかなり広く広がっており、うつ病での休職・退職をされた方を採用する企業も、支援する機関・制度も、増えてきています。

「支援者が多い」ということは、「転職を有利に進める方法もたくさんある」ということです。

「うつ病からの転職」の大前提として、「一人で悩まず、支援者と話をすることで、よりうまくいく」と覚えておくときっと役に立ちます。

医療に加えて支援者ともつながっておくことで、多くの方がすでにされてきているように、うつ病からの回復を進め次の仕事へ向かっていくことができます。

このコラムでは、うつ病からの転職活動の方法や支援制度について解説します。

なお、文中で同じような趣旨を繰り返す部分もあります。「繰り返すくらい重要なことだ」とご理解いただければ幸いです。

はじめに:うつ病は転職に不利とは限らない

うつ病は、転職活動に不利とは限らない

うつ病(経験者)だからといって、転職が不利とは限りません。

その理由を説明します。

そもそもなぜ、「うつ病での転職活動は不利」と言われるのでしょう。

それはおそらく、以下の理由ではないでしょうか。

  1. 本人側の事情として、治療と転職活動の並行が難しい
  2. 雇用側の事情として、うつ病の人・うつ病経験のある人を避けることがある

①については、以下のような可能性は否定しません。

  • 薬の副作用で体がきついことがある
  • 通院の時間帯は、転職活動に時間を使えない
  • うつ病経験のない人よりも気力や体力が少ないことがある

一方、逆説的かもしれませんが、「心身が転職活動を行えるくらいの状態」であれば、「絶対に不利」というものではありません。

もし、「うつ病と転職活動の並行が不可能」と思うほどであれば、それは「まだ転職活動に取り組む時期ではなく、治療に集中するべき時期」と判断できるかもしれません。(もちろん、あなただけではなく、医師による判断も重要です)

その上で、治療や支援を通じて「自分の特性」への理解を深めていけば、これまでよりも「自分が納得できる、または働きやすい仕事」に出会える可能性が高まりさえします。

②については、転職活動の際にはうつ病のことを自分から明かす必要はありません。(「障害者枠」への応募の場合を除く)

聞かれたら嘘はつかない方がいいです。しかし、それによって「うつ病経験があるから不採用」と判断する職場は、入職後にも諸々のサポートが手薄いことが想定されます。

よって、ポジティブに、「ここでは不採用になった方が、その後の苦労が生じない」「もっと自分に向いた職場に行けるチャンス」と考えることが大切なのです。

うつ病の人が転職を成功させるための進め方5ステップ

うつ病の人が再就職・転職を不利にせず、成功させるためには、以下が主なポイントです。

  1. 自分の状態を把握すること
  2. 自分の得意・不得意など、自分の特性を知ること

それらを踏まえて、うつ病からの転職の進め方をご紹介します。

進め方①医療機関とのつながりを保つ

転職するかどうかに関わらず、うつ病の人は医療機関とのつながりを保つことが大切です。(医療機関については後述します)

医療機関とつながりを保つことで、うつ病への適切な対応ができて「転職成功」も近づきます。

進め方②支援者とつながる

進め方②支援者とつながる

うつ病からの転職をサポートする団体は、公民を問わずたくさんあります。(支援団体については後述します)

ぜひ、積極的にそのような団体を利用してください。

進め方③うつ病や自分の気持ちに向き合い対処法をつくる

医療機関・支援機関につながった後は、支援者とともに、うつ病や自分の気持ちに向き合い、自分なりの対処法をつくっていきましょう。

まず、「うつ病に向き合う」ですが、主に必要なことは以下の3つです。(参考:『働く人のこころのケア・ガイドブック 会社を休むときのQ&A』』)

  1. ストレス解消
  2. 睡眠時間の確保
  3. 身体的・心理的負担を減らす(在職中の場合は仕事を減らす・有給休暇を使うことも含む)

うつ病は、一般的には回復と悪化のジグザグを繰り返しながら少しずつ回復するので、そのことを心に留めておくことも大切です。

次に「自分の気持ちに向き合う」という点には、精神保健福祉士である私自身の知見から、以下のような方法が考えられます。

  • 過去の経験から、仕事に求めるものを書き出す(勤務時間、休日の日数、人との関わりの密度、自宅からの距離、職場の人の雰囲気など)
  • ストレスにさらされると自分はどんな反応をするのか、書き出す
  • 自分に向いているストレス解消の方法を探して、把握する

ほかにも方法はたくさんあると思いますので、「あなた向きの方法」は支援者の方と一緒に考えていくことをオススメします。

進め方④自分にとって適切な働き方をじっくり考える

進め方④自分にとって適切な働き方をじっくり考える

次に「自分にとって適切な働き方をじっくり考える」ということが大切です。

うつ病の方に向いている働き方(職場環境)は次章で紹介しますので、参考にご覧になってください。

うつ病の治療が進み、自分なりの「うつ病への対処」や「自分に向いている生活」がわかってくれば、次はそれをどのように無理なく継続していくかということが大切です。

働き方の点で無理をすると、せっかく「転職活動」がうまく行っても「就職後」に再び体調を崩す可能性もあります。

ですので、業種や職種に加えて、「自分にとっての適切な働き方」も考慮しながら転職活動を行っていきましょう。

進め方⑤うつ病を職場に伝えるかどうかを考える

転職活動中に履歴書や面接でうつ病についての伝え方

最後に、実際に転職活動を行う際に、うつ病のことを転職先(候補)に話すかどうかを考えましょう。

「転職活動において、うつ病(や休職)のことをどう伝えるべきか…」とお悩みの方は多くいらっしゃいます。

「あなたの転職」での具体的な方法は支援者と話し合っていただくとして、以下、一般論を改めてお伝えします。

  1. うつ病や休職のことは、聞かれなければ伝える必要はない(ただし「障害者枠」にエントリーする場合を除く)
  2. 転職活動の中で病歴などを聞かれた場合には、嘘はつかないようにする

特に②について補足すると、「嘘はつかない上で、どのように伝えるか」は、支援者と一緒に考えておくことで転職活動が有利に進みます。

うつ病で「休職中」でも転職活動を行ってよい

うつ病で「休職中」でも転職活動を行ってよい

「休職中は転職活動をしてはいけないのでしょうか?」という疑問をお聞きすることがよくあります。

結論から言うと、「休職中に転職活動を行ってOK」です。(休職中に転職活動を行うメリットと注意点は次章以下で紹介します)

ただし、治療を継続中の場合は、主治医からの許可は必要です。

以下、補足します。

①転職ではなく復職を目指す方がよいケースもある

以下のような場合は、転職ではなく、「元の職場への復職」を目指した方がよいこともあります。

  • 今の仕事や職場が嫌いではない場合
  • 今の職場で、部署・業務量・働き方などを変えられそうな場合
  • 今の仕事や職場とうつ病に因果関係がない(と医師が判断した)場合

ただしもちろん、「こういう場合は転職活動をしてはいけない」という意味ではなく、「転職しなくてはいけないと思い込まない方がよい」ということです。

②休職は転職先・応募先にバレることはある

休職しながら転職活動をしていても、あなたが休職状態にあることは基本的にバレませんし、言う必要もありません。

ですが、入社後に源泉徴収などの事務手続きからバレることはありえます。

休職中は給料が減額またはなくなるので、収入が少なくなっていることがわかるからです。

あなたが、転職先にうつ病や休職のことが後からバレることを気まずく感じるのであれば、長く働き続けるために、後で紹介する相談先と話をしながら、うまく伝える方法を考えていきましょう。

また、面接などを通じて休職中かどうかを聞かれた場合には、嘘はつかないようにしましょう。(伝え方については、後で紹介する支援機関などに相談しましょう)

うつ病での休職中に転職活動を行うメリットと注意点

うつ病での休職中に転職活動を行うメリット

うつ病で休職中に転職活動を行うメリットには、以下のようなものがあります。

メリット
  • 仕事をしなくていいので、治療と転職活動の両方に時間を使いやすい
  • 復職も選択肢にある場合、転職活動がうまくいかなくても復職を検討できるため、心理的な負担が少ない
  • 休職中でも給料が発生する職場の場合、経済的負担が少ない

まとめると、「諸々の負担や心配が少ない」となります。

うつ病で休職中に転職活動を行う注意点には、以下のようなものがあります。

注意点

一人で転職活動に取り組むとつい悪い方向にばかり考えが進み、ひいては不利につながることがある

これは、うつ病が、症状として自己肯定感を奪い、不安や怖れ、焦燥感を起こすからです。(参考:『働く人のこころのケア・ガイドブック 会社を休むときのQ&A 』

治療が終了した後であっても、その影響が尾を引いている場合もあります。

この注意点を解消するためには、「サポート団体を利用する」「支援者を頼る」というのが効果的な方法です。

休職中でも利用できる支援やサービスはもちろんあります。(支援の例は後ほど紹介します)

うつ病からの転職は「休職中」「退職後」の選択肢がある

うつ病からの転職は「休職中」「退職後」の選択肢がある

うつ病からの転職方法には、「休職中に転職活動をする」「退職してから転職活動をする」の2つが考えられます。

どちらがよいかは個人の性格や状況などによるため、一概に言うことはできません。

繰り返すとおり、医師や支援者と話しながらどちらにするかを検討していきましょう。

その上で、「退職して転職活動をする」ときの留意点としては、以下のようなものが挙げられます。

退職する場合の留意点
  • 保険や年金の切替が必要になる
  • 健康保険組合からの傷病手当金が受け取れなくなる
  • 雇用保険の失業手当が受け取れるようになる
  • 就労移行支援など、一部のサービスが在職中よりも利用しやすくなる。(利用できるようになる)

うつ病からの転職は、非正規雇用の方が向いているケースもある

うつ病からの転職は、非正規雇用の方が向いているケースもある

そもそも正規雇用と非正規雇用(アルバイト・パート・派遣社員・契約社員など)は、一概にどちらがいいと言えるものではありません。

その上で、うつ病の場合は「正規雇用での転職」を目指している場合でも「まずは非正規から始める」ことが向いていることもあります。

これは、一般論として以下のような理由があるからです。

  1. 非正規雇用の方が、採用と辞職のハードルが低い
  2. 非正規雇用の方が、労働時間が短くシフトも選びやすい
  3. 非正規雇用だと、複数の仕事を掛け持ちしやすい
  4. 職場によっては、正社員登用制度もある

①は、「なかなか仕事が決まらないストレス」も「合わなかったときに辞めるストレス」も正規雇用より比較的少ないというメリットがあります。

②は、労働から離れて体力や自信が減っている場合でも働きやすいというメリットがあります。

③は、さまざまな業種や業務を実際に経験しながら、「自分に向いた仕事」を見つけることにつながります。

向いている職場で(4)の正社員登用制度があれば、チャレンジしてみることもできるでしょう。

いずれにしても、「直近の経済状況」や「将来設計」にもよるのです。「転職するからには正規雇用じゃないと!」と思い込まない方がうまく行くこともあるのです。

うつ病の人に向いている可能性がある職場環境

うつ病の人に向いている可能性がある職場環境

うつ病の治療をしながらの転職活動や労働において、医療機関とのつながりは大前提として、「睡眠時間」と「休息時間」も大切です(参考:『働く人のこころのケア・ガイドブック 会社を休むときのQ&A』

また、仕事には、「新しい業務などを覚える」「新しい人間関係が発生する」など、心理的なストレスもつきものです。

特にうつ病の人は、心身のストレスができるだけ少ないところを選ぶのもよいでしょう。

それらを踏まえると、うつ病の人には以下のような職場環境が向いている可能性があります。

  • しっかりとした業務マニュアルがある
  • フレックス制度・時短制度・リモートワークなど、多様・柔軟な働き方が可能
  • 残業や休日出勤など、イレギュラーな負荷がない
  • 勤務日数や勤務時間に無理がない(休日や休憩がきちんと確保できる)
  • 家から近い(または、職場の近くに引っ越せそう)
  • 職場の雰囲気があなたにとって悪くない(面接やアルバイトなどで観察する)

こうした職場環境のさらに具体的な例としては、一般的には「事務の業務」や「在宅でできる仕事」などが向いていると言われます。

ただしもちろん、何にストレスを感じるかは人それぞれなので、「実際のあなた」に向いた転職先については、ご家族、医師、後でご紹介する支援団体などに相談しましょう。

参考:私の経験

筆者自身にも、精神的な要因での退職や休養の経験があります。その時期のことを振り返ると、「身体の休養」と「こころの休養」はともにとても大切だったなと感じます。「何かしないとマズいんじゃないのか」「働いてない自分はダメだ」とずっと自分を責めたりしていると、こころは休養できていません。「こころの休養」を取ることは本当に難しかったですね…。個人的な経験としては「自責の念」などが出てきたら(出てきそうになったら)、ひたすら寝ていました。

オープン就労・クローズ就労の概要とメリット・注意点

オープン就労・クローズ就労の概要とメリット・注意点

すでに何度か軽く触れていますが、うつ病の人が転職する際に考えなければならないことのひとつが「うつ病を転職先(候補)に伝えるか、伝えないか」です。

これらは、一般に以下のように呼称されます。

  • 転職時に伝えて働くこと…オープン就労
  • 転職時に伝えずに働くこと…クローズ就労

それぞれのメリットと注意点を、カンタンにお伝えします。

オープン就労のメリット
  • 業務上の配慮(業務量・勤務時間・担当業務の調整など)が期待できる
  • 産業医や産業看護師がいる場合、より具体的な配慮を相談しやすい
  • 主治医や就労定着支援などが、「職場とあなたの間」に入ってサポートを行える
オープン就労の注意点
  • 伝え方によっては、通常業務に差し支えがあるとみなされて採用されないことがある
  • うつ病の人を採用しないという(独自の)採用基準がある職場からは採用されない
クローズ就労のメリット
  • うつ病による不採用がない
クローズ就労の注意点
  • うつ病への配慮が期待できない
  • 自分の調子を自分でしっかり把握する必要がある(通院や休息の時間確保や、業務負担の調整など)
  • 主治医や就労定着支援などの、「職場とあなたの間」に入ったサポートが受けられない(「あなたと支援者の間」のサポートは可能)

詳細は以下のコラムで解説しています。ぜひご覧ください。

うつ病の転職を不利にしないための医療機関・支援機関・支援制度5選

うつ病の転職を不利にしないための医療機関・支援機関・支援制度

うつ病は、現代において非常によく知られる言葉になってきました。

それに伴ってか、うつ病の人が使える医療や支援の種類はとても多くなってきています。

ぜひそれらの支援につながり、一歩ずつ着実にうつ病を治療しながら、転職に取り組んでいきましょう。

各種の支援を利用することで「転職におけるうつ病の不利」も解消され、むしろ「あなたに向いた転職先」を探せるようにもなります。

①病院(精神科・心療内科)

何度もお伝えしていますが、うつ病の人が病院とのつながりを保つことは、転職するか否かに関わらず大前提としてとても大切です。(以下参考:『働く人のこころのケア・ガイドブック 会社を休むときのQ&A』

病院にはさまざまな「科」があります。うつ病の人は、一般的には精神科か心療内科にかかれば問題ないでしょう。

その上で、病院選びについては、医師の能力やあなたとの相性で決められるとよいと思います。

受診する病院を探す基準には、以下のようなものがあります。

  • 自宅や職場から近い(通院する負担が少ない)
  • 17時以降や土日なども診療している(働きながら通院する場合や平日動けない場合も通院できる)
  • 受付の対応が優しい(通院や診察でストレスを感じない)
  • 医師が丁寧で、あなたと同じ目線で話をする(医師を信頼して治療に臨める)

精神保健福祉士である私自身からのアドバイスは、以下のとおりです。

  • 初めて行った病院の印象がよくない場合は、気が重いかもしれないが、別の病院に行って、セカンドオピニオン、サードオピニオンを求める

自分に合う主治医を見つけて、信頼して治療を進めることは、うつ病の治療でとても大切です。

②就労移行支援事業所

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は、病気や障害のある人の就職・転職を援助する福祉サービスです。

各事業所は、公的な認可を得た民間事業者が運営しています。

そのサービス内容は、転職のための知識・技能の習得、履歴書・経歴書の作成支援、転職後の職場定着支援など、多岐に渡ります。

転職先候補の業務や雰囲気を体験できる「職場体験実習(インターン)」の紹介も行っています。

利用の可否は、お住まいの自治体が以下などに基づいて判断します。

  1. 身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病などがある
  2. 18歳以上で満65歳未満の方
  3. 離職中の方(例外あり)
  4. ※以上を満たすなら、障害者手帳を所持していなくても利用可能です。

ご自身が利用できるかどうかは、自治体や各就労移行支援事業所に相談してみましょう。

就労移行支援についての詳しい内容は以下のコラムで解説しています。ぜひご覧ください。

関連リンク

私たちキズキビジネスカレッジ(KBC)は、うつ病や発達障害などの人のための就労移行支援事業所です。

  • 病気や障害があっても、KBCでは初任給は38万円も
  • 通常52%の就職率が、KBCでは約83%
  • 通常約1年半かかる就職内定が、KBCでは平均4ヶ月

新宿・横浜・大阪に校舎があり、障害者手帳がなくても自治体の審査を経て利用することができます。遠方の方は、日常的にはオンラインで受講しながら(※お住まいの自治体が認めた場合)、「月に1回、対面での面談」を行います。詳しくは下記のボタンからお気軽にお問い合わせください。

③転職エージェント

無料で利用できる民間の就職・転職エージェントです。

うつ病のことを明かさないクローズ転職で利用できるのはもちろん、近年では、病気や障害のある人への転職支援も行っているところがあります。

いくつか話をしてみて、ご自分に合いそうなところを(並行的に)利用してみましょう。

病気・障害に特化したエージェントの例

④精神保健福祉センター

精神保健福祉センターでは、直接的な仕事や転職の話以外にも、悩みなどの相談が可能です。

相談内容の例
  • 職場の人間関係がうまくいかない
  • イライラする
  • 眠れない
  • 気分が落ち込む
  • 心身の変調がひどい
  • 出勤できない

また、医療機関支援機関などの関係機関などを紹介されることもあります。

よければぜひご利用ください(全国の一覧は、厚生労働省のウェブサイトに掲載されています)。

⑤各種の経済的な支援

⑤各種の経済的な支援

うつ病の人が利用できる可能性のある経済的な支援には、主には以下の7つがあります。

詳細は、以下のコラムで解説しています。ぜひご覧ください。

⑥その他の支援

その他、うつ病からの転職を不利にしないための支援には、以下のような例があります。

概要は以下のコラムで解説しています。ぜひご覧ください。

まとめ:うつ病は転職に不利とは限らない

まとめ〜うつ病からの転職は、不利とは限りません〜

以上、うつ病からの転職が不利とは断言できない理由と、うつ病の人が転職に利用できるサービスや考え方などを紹介しました。

うつ病での休職や転職を検討される際、なによりも大切なのは、まず医療につながり、適切に治療していくことです。

その上で、転職や生活についての相談先ともしっかり繋がることで、転職の方向性も見えてくると思います。

あなたがよい支援者と出会えること、そして、よりよい転職ができることを心から祈っています。

よくある質問(1)

うつ病の自分が転職を成功させる方法を知りたいです。

一般論として、以下の5つが挙げられます。(1)医療機関とのつながりを保つ、(2)支援者とつながる、(3)うつ病や自分の気持ちに向き合って対処法をつくる、(4)適切な働き方をじっくり考える、(5)うつ病を職場に伝えるかを考える。詳細はこちらをご覧ください。

よくある質問(2)

うつ病からの転職を有利に進めるための支援団体などを知りたいです。

一般論として、以下の5点が挙げられます。(1)病院、(2)就労移行支援事業所、(3)転職エージェント、(4)精神保健福祉センター、(5)各種の経済的な支援。詳細はこちらをご覧ください。

監修キズキ代表 安田祐輔

発達障害(ASD/ADHD)当事者。特性に関連して、大学新卒時の職場環境に馴染めず、うつ病になり退職、引きこもり生活へ。
その後、不登校などの方のための学習塾「キズキ共育塾」を設立。また、「かつての自分と同じように苦しんでいる人たちの助けになりたい」という思いから、発達障害やうつ病などの方々のための「キズキビジネスカレッジ」を開校。一人ひとりの「適職発見」や「ビジネスキャリア構築」のサポートを行う。

【著書ピックアップ】
ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に勉強するための本『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に勉強するための本(2021年12月、翔泳社)』

Amazon
翔泳社公式 【略歴】
2011年 キズキ共育塾開塾(2023年7月現在10校)
2015年 株式会社キズキ設立
2019年 キズキビジネスカレッジ開校(2022年7月現在4校)

【その他著書など(一部)】
学校に居場所がないと感じる人のための 未来が変わる勉強法(KADOKAWA)』『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に勉強するための本(翔泳社)』『暗闇でも走る(講談社)』

日経新聞インタビュー『働けたのは4カ月 発達障害の僕がやり直せた理由』
現代ビジネス執筆記事一覧

【メディア出演(一部)】
2022年 NHK総合「日曜討論」(テーマ:「子ども・若者の声 社会や政治にどう届ける?」/野田聖子こども政策担当大臣などとともに)

執筆西村二架

にしむら・にか。精神保健福祉士。
1992年生まれ。関西学院大学文学部卒業後に京都医健専門学校で学び、2019年に国家資格・精神保健福祉士資格を取得。2018年8月から、キズキ共育塾(不登校・中退・発達障害・社会人などのための個別指導塾)で講師として勤務。現在は主任講師として国語・数学・英語・小論文・面接の学習支援およびメンタル支援を担当。また、うつや発達障害の方々のための就労移行支援事業所キズキビジネスカレッジでも英語などを教える。2023年現在、TOEIC890点を所持。

サイト運営キズキビジネスカレッジ(KBC)

うつ・発達障害などの方のための、就労移行支援事業所。就労継続をゴールに、あなたに本当に合っているスキルと仕事を一緒に探し、ビジネスキャリアを築く就労移行支援サービスを提供します。トップページはこちら→

相談予約 LINE相談 相談フォーム 無料資料請求 電話相談
LINEで
相談
フォームで
相談
資料
DL
相談
予約