仕事紹介

教室運営スタッフ

不登校・ひきこもり・中退などを経験された方を対象とした個別指導塾「キズキ共育塾」の運営を担当していただきます。入社後、具体的にまずお任せすることは、授業管理、入塾に関するお問合せ対応、既存生徒の面談、授業料の請求作業、講師アルバイトの方の給与支払作業など事務的な業務になります。土台となる事務業務を習得後、入塾面談や講師アルバイトの面接など支援的な業務にも領域を広げていっていただきます。

教務の写真

仕事の流れ

  • 9:30

    出社・開校前の準備

    出勤したら、スタッフ皆で教室全体の清掃をしています。生徒さんが気持ちよく授業を受けられるよう、丁寧に行っています。

    9:45

    メールチェックなど

    10:00

    教室開校・定常業務開始

    定常業務は、教室における各種対応業務を指します。業務中は、教室の円滑な運営を目指し、適宜以下のような業務を行います。
    ・生徒さんのお迎え、出欠確認
    ・初回授業開始までのご案内
    ・新規で入塾を希望する方からのお電話への対応

    12:30

    スタッフミーティング開始

    週に1回、教室スタッフ全員でミーティングを行っています。ミーティングでは、授業の出席率が低くなっている生徒さんへの対応方法、教室全体の課題とその解決方法などについて話し合います。

    13:30

    スタッフミーティング終了、休憩開始

    14:30

    休憩終了、シフト業務継続

    ・授業時間などの変更希望への対応
    授業スケジュールを管理している社内システムで確認・調整・変更を行います。
    ・授業の出席率が低くなっている生徒さんやその保護者様へのご連絡
    出席率が低くなっている生徒さんとその保護者様には、電話やメールなどで最近の様子をうかがうなどして、少しずつ授業に来ることができるようサポートを行います。

    16:00

    授業記録の確認、事務作業など

    講師が作成した授業記録に目を通したり、生徒さんへの授業料の請求手続、時間割の登録作業、講師の給与の金額確認など、教室運営に必要な業務を幅広く行っています。

    18:50

    退社

先輩社員に聞いたやりがいと苦労したこと

"入塾当初は言葉数少なく、表情も硬かった生徒さんが、関係性ができてくるうちに徐々に笑顔を見せてくれるようになります。日々一歩一歩進んでいく生徒さんの姿をみると、自分の業務は間接的ではあるけど生徒さんの支援につながっているのだとやりがいを感じます。一方で、電話対応や授業管理の実施と同時に、教室内での異変はないか等広い視野を持ってマルチタスクで業務を遂行していくことが必要になるので、バランスのとり方が難しいと思う時もあります。"

"進路、人生に関わることなので、キズキに通う生徒さん・親御さんは感情やコンディションに波がある時期であることが多いです。教務もそれに引きずられないことが肝要で、自分のコンディションを安定させることが必要となってきます。そうした辛い時期を一緒に乗り越えて、生徒さん、親御さん双方から「キズキのような場があってよかった」と言ってもらえたときはとても嬉しかったです。塾への問合せ数の多さからも社会的に求められているという実感があり、有意義な活動に関われるということはやりがいにつながります。"

社員インタビュー